石狩の座礁船 ~ DONG PHONG号@ベトナム船籍貨物船

 先月の悪天候時、石狩浜に座礁してしまったベトナム船籍の貨物船がありました。

 まだ座礁中のところ、サルベージ船による引き上げ作業が続いております。

 で、北海道はまたしても暴風雪に見舞われ、果たして救助活動に影響が出るか心配でした。

 (作業は水かさが増したのを利用して座礁船を沖へと動かし、夜通しで引っ張り続けるようです...)

 さて、3月30日の朝、様子を見に行った時の模様です^^

DONG_PHONG_001

 砂浜をひたすら歩き続けて接近戦を試みることにしました...

 

 この日は深夜、毎度のごとくNHKのラジオ深夜便の昭和歌謡を愉しみながらw、

 三弦橋の夜明けのシーンを写し、その足で石狩へと向かいました(^^ゞ

 近場から接近できそうな道筋は既に封鎖されていたようで、

 砂浜を延々と歩かなければならない状況だったらしい...

 いずれにせよ、自分はそんな状況だとも知らず、最初から歩くつもりでいたのでした(爆)

 座礁船はそれなりの大きさで見えたから大した距離じゃないと思ったけれど、

 実際には4km強×2の距離を歩くということでまずまず歩いたけれど、そんなに遠いわけではなかった...

 自分的には前々日の深夜にも我路の夜撮をやらかしたりしてたので、

 どちらかというと睡眠不足のほうがキツカッタかな(^_^;)

 

 DONG_PHONG_002

 ↑ 座礁船もかなりの大きさだが、このサルベージ船(航洋丸)も相当のデカさだよね!

 日本サルベージ所有のこの船も日本に一隻しかないマニア垂涎のサルベージ船なんだとか^^

 

 

DONG_PHONG_003

 ↑ 竹の望遠ズーム一本で挑んだため、ワイド側の画角、換算100mmだと座礁船とサルベージ船の距離は

 対角線上でなければ写り切らないほど離れていた...単にもう一本、標準ズームを持ってくれば何てことはなかった(苦笑)

 ちなみに接近戦は最初から考えていたんでボーグは車に積んだままであった(^^ゞ

 

 

DONG_PHONG_004

 ↑ 近づくにつれ、だんだんと迫力を増す!

 

 

DONG_PHONG_005

 ↑ サルベージ船だって負けてない!

 

 

DONG_PHONG_006

 ↑ 報道関係のヘリだろうか? やたらと上空をブンブン飛びまわっていた...

 

 

DONG_PHONG_007

 ↑ 400mm砲、発射(爆) あっ、ローターを止めちまった(苦笑)

 

 

DONG_PHONG_008

 ↑ 丘から砂浜を掘り進みながら脱出の道筋をつけるのだろう...

 

 

 望遠で圧縮してみると密度が濃ゆいよねw

DONG_PHONG_009

 

DONG_PHONG_010

 

DONG_PHONG_011

 ↑ いやぁ、横側の画が望遠しか持ってなかったために苦労したわぁ~(笑)

 

 

DONG_PHONG_012

 ↑ こうしてみると、サルベージ船が遠近法でちっぽけに見えてしまいます(^_^;)

 

 

DONG_PHONG_013

 ↑ 作業員さんたちの表情から、難航している様子が伝わってくるよね(^^ゞ

 

 すべて、OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD(竹の望遠ズーム)

 撮影:2010年3月30日

 

 この後、まるやまいちばへと向かったのでした...(~_~;)

 

6 Comments

  1. ariari より:

    お疲れさま、やっと見られて嬉しいです!ぼくも、例の夜に撮っただけ(爆)なので、もうこれでお腹いっぱいになりました!
    航洋丸もしっかり写っているんで、マニアさんも納得でしょう。(ぼくはちゃいますw)あの夜は、まだこいつも来ていなかったし。
    逆に引っ張っている最中は夜景を撮れないので(そりゃ、動きますよねw)それはそれでよかったです。
    でも、やはりタンク群とかも圧縮されていいですね。ボーグなら船員さんのノーテンキ顔も撃ち抜けたでしょう!(^-^;

    • 本部長 より:

      ariariさん、やっとこ返信いたします<m(_ _)m>
      まずは無事に離礁できて良かったですね!
      航洋丸、そんなに希少な船だとは全く知らずに写しておりました。
      とりあえずといったところでしたね(^^ゞ
      さすがにボーグを担いで浜を歩く気はしませんでしたねぇ。
      たしかにより細かいパーツを拾うには必要だったと思いました。
      コチラ側からのアングル、背景に山があったりいろいろと絡められる点が良かったですね◎
      さすがに機会はありませんでしたが、救出される瞬間を写したかったなぁ、というのが本音ですね^^

  2. 急行ニセコ より:

    お久しぶりでございます。
    長い間砂浜を歩き続けてお疲れさまでした。今日現在は沖に100メートル
    ほど移動した報道が流れていましたが、その後どうなったのでしょうね。
    波の高い今のうちが離岸のチャンスですかね。背景の山々の残雪がとて
    も綺麗です。青空でもし山が霞んでいなかったら更にいい感じになった
    ことでしょう。 漁にも影響が出てるって聞いたので早く移動してほしい
    ですね。

    • 本部長 より:

      急行ニセコさん、お久しぶりでございます。
      返信が遅れてすみませんでした。
      その後すぐに離礁できてよかったですね!
      悪天候で座礁して、再び悪天候で離礁できて良いんだか悪いんだか...
      この撮影した日は天気はとても良かったですが、風が強く、潮が飛散していたような感じでしたし、
      黄砂も舞っていそうな感じで、たしかに完全にクリアな視界ではなかったですが、まぁ、贅沢は云えませんね(^^ゞ
      残雪の山を画角に収めることができて、記録としてはまずまずの写真になったのではないかと思っております◎

  3. 人気ブランドコピー
    2018年春夏新作が入荷!
    早くも2018年最新作が入荷激安屋は最高級のブランド スーパーコピー代引き(N品)専門店です!
    高品質のブランド コピー、ブランド コピー 代引商品や情報が満載しています。
    全部の商品は最高な素材と優れた技術で造られて、正規と比べて、品質が同じです!
    当店の商品はすべて最高品質のN品でございます、
    製造工場直営ですので他社に比べて大変お安く、最低価格を提示しております。
    皆様方のご注文をお待ちしております。

  4. Vielen Dank für den tollen Artikel.

Leave a Reply