第二十五回フィルム一本勝負 in 小樽(入船~住ノ江)

 自分としては諸般の事情により、久々の一本勝負となった(今年になって初めて!)。

 あいにくの雨降りの中、傘さしながら苦戦を強いられるものの、不思議と気合いがみなぎり、

 思いのほか思い通りにキレたと思いあがる結果であった(笑)

 天気の割にというエクスキューズなしに、近年まれに言い訳をしなかった勝負であった◎

 2回の道東やら道北(謎)の遠征をやらかしているうちに、

 逆境に負けない漢(オトコ)に成鳥じゃなくって成長したようだ(爆)

 

 まずはINDEXをば^^

INDEX

 CONTAX S2 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 YC + FUJICOLOR PRO 160C

 今回は極めてスタンダードなキングオブ標準レンズ、プラナー50mm(初登場!)と、ちと珍しいフイルムを仕込んでみた^^

 

 コアなファンには有名な源平おじちゃんのお好み焼き、ヨロシクね!#1

 

 威風堂々

#2

 

 足し算...基督と丸福と共産党のゴールデントライアングルは不滅です(^^ゞ

#3

 

 あ、おみくじ引いとけば良かったなぁ(^_^;)

#4

 

 古いファンタも好きだが、ホントはミリンダをみつけたかったんだよなぁ^^

#5

 

 オナゴじゃなくって、この色褪せ加減に萌え~(笑)

#6

 

 こういう味わい深い硝子が好きなんだよね◎

#7

 

 此処は有名な日立ランプなんだけど、自分は敢えてこう切ってみた!

#8

 

 ガード下横のお稲荷さん。やっと納得のゆく切り取りが出来た☆ (※自選)

#9

 

  心はいつも鶴居村w

#10

 

 こういう路地裏は何だかしらないけど歩いてみたくなるよね^^

#11

 

 で、歩くとこういう宝物に巡り合える^^ (※hirosさん&あややさん選)

#12

 

 使われなくなった空き店舗の有効利用の一例! この日は休館日だったけど私設図書館みたないな感じなんだよね◎

#13

 

 あ~あぁ 川の流れのよおうにぃ~ ...ちと、違うか(爆)

#14

 

 其処には異次元空間が広がっていた!! (※hkさん選)

#15

 

 たまにはこんなカットも(^^ゞ

#16

 

 此処は巨匠と全く立ち位置が同じなのに全く絵柄が異なる奇跡のショット!! かぶらないないんだよなぁ、オレってw

#17

 

 ここから落っこちる酔っぱらいがいたことを証明するかのようだw

 #18

 

 たまには植物も切り取りたくなる(^^ゞ

#19

 

 うーん、立派だよなぁ。

#20

 

 この立看板は何人か切り取っていたなぁ^^

#21

 

 ツボ足で埋まりながら苦労したのに全く写りが冴えないんだよなぁ(爆)

#22

 

 此処に立ったら100年目、こういうシーンは狙うよねw (※ウリュウさん選)

#23

 

 これも絶対やらかしたくなるよ◎ (※ainosatoさん&摩耶さん選)

#24

 

 “忍び”のような佇まいが印象的な梯子だった...トタンと木の質感も良い感じだね◎

#25

 

 こういう写真はあんまり撮らないんだけど、この辺も更地が増えて段々と見られなくなりそうなんで記録として。

#26

 

 いやぁ、ホント此処がたこ焼き屋だったときに何で写しておかなかったんだ、という後悔の念がいつも噴出する場所(^_^;)

#27

 

 問答無用(爆)

#28

 

 やはり現役時代に写しておきたかった_| ̄|〇

#29

 

 誰か訪れるのを待ち侘びているかのようだ...

#30

 

 RC時代のコッカコーラだと思う^^

#31

 

 うーん、ハンサム^^ (※Mayさん選)

#32

 

 古い木戸なんだけど綺麗に使われている!

#33

 

 仕事人のガレーヂって感じ◎

#34

 

 歴建なんだけど巨匠の知り合い宅だったりする!

#35

 

 住吉神社で〆ようと思っていたが、坂牛邸からダッシュでトンボ返りする阿呆はアタシくらいだと思うw

 当然に狛犬なんだけどいつもの阿行ではなく、此処は吽行のほうが画になっていると思う(^^ゞ (※TERAさん選)

#36

 

 此処のアギト、納得の切り取りまではまだまだなんだよなぁ(´ρ`)

#37

 

 いやぁ、結局全枚UPしちゃったよ(爆)

 

 撮影:2010年3月20日

 参加メンバー: ainosatoさん、hirosさん、ウリュウさん、あややさん、そしてアタシ

 ゲスト: hkotswさん、摩耶さん、Mayさん、TERAさん

 

 そういえば年末のコンパクト対決や去年の旭川とかみんなで一本とかUPし損なっている(゚゙Д´゚)

 必ずやUPいたしますので今しばらくお待ちを<m(_ _)m>

16 Comments

  1. 摩耶 より:

    土曜日は本当にありがとうございました。  
    セレクトは私もここで通行人を待っていたのに・・・との羨ましさを込めてでした。 
    ガード下横のお稲荷さんも好きです。
    ちなみに13枚目の私設図書館、たしか「タンポポ文庫」だったと思いますが、このシャッターの右下の狸の顔が描いてないんですよ。 子供が見つけました。 描き忘れたのか、後ろ向いているのかで論議?したことがあります。(笑)

    • 本部長 より:

      摩耶さん、土曜日はお疲れさまでした。

      > セレクトは私もここで通行人を待っていたのに・・・との羨ましさを込めてでした。
      気長に待てば必ず人は歩いてきます(^^ゞ
      のんきやな性格が功を奏しましたね(笑)

      あのお稲荷さんはまず、お賽銭をしてじっくりと対峙してから写させていただきました。
      正面突破の一枚です◎

      タンポポ文庫、狸の顔までよく見ていませんでした(^_^;)
      今度、近くを通ったとき確認してみます!
      描き忘れってのも面白いですし、
      だとしたら何故?っていう疑問と謎解きを楽しませてもらいます^^

  2. あやや より:

    お疲れ様でした、またフィルム配給ありがとうございました~
    一枚一枚、この大きさで本部長さんの解説つきでじっくり拝見すると、
    KGサイズで見た時と、また印象が変わりますね。
    集合時間に汗だくで駆け込んでらした訳もわかりましたし(笑)
    セレクトはあそこをこう撮れるのは本部長さんしかいないだろうなと。
    クセのないレンズだとのことですが、7、17、20など、
    いつもの本部長さんとはちょっと違う描写も見られて嬉しいです。
    お稲荷さんはまさにらしさ全開ですね、
    雪の中にパッと映える明快さが好きです。

    • 本部長 より:

      あややさん、一本勝負お疲れさまでした。
      フイルム配給はお約束でしたからね(^^ゞ
      期限切れの方はたぶん大丈夫ですが、なるべくお早めにお召し上がりください(笑)

      やはり一枚一枚、気を込めて写しているので、全枚UPになってしまいます。
      明らかなミスってのは避けてるし、もうちょっとこうした方が良かったってのもありますが、
      今回は不思議とどれも愛着のこもっている写真でしたね◎

      > 集合時間に汗だくで駆け込んでらした訳もわかりましたし(笑)
      いやいや、家でノンビリし過ぎていただけですよ(爆)
      しかし自宅から小樽駅まで5分で走り切ったってのは大記録ですw
      途中で心臓止まったりしなくて良かったですわ(爆)

      このレンズ、いわゆる優等生レンズで無難すぎます(^^ゞ
      そういうのは自分的に好みじゃないんですが、使って見ると楽でいいですわ~
      そんなレンズだからこそ、普段と違った感じの切り取りもしてみようと思ったのでした。
      標準レンズの美味しいところのみならず、広角的な感じや遠景なども破綻せずに写るのは大したもんだと思いました。

      横山先生の絵が素晴らしいだけなんですが、2次元空間を三次元に表現してみたかったんですよ^^
      あの質感や色鮮やかさは、してやったりでしたね◎

      お稲荷さんは屋根裏の描写がポイントです!
      アソコの質感を出すには冬の雪原に反射した光が必要なんです☆

  3. こもれび より:

    写真ではなくカメラに反応してしまいました。
    コンタックスまで購入されたのですね。すごいです。

    千葉にこういう方がいらっしゃいます。

    http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/chiba/news/20100319-OYT8T01302.htm

    次は本部長殿が味工房の3Fで・・・・・・

    • 本部長 より:

      こもれびさん、このS2は実は1年半前に入手しておりましたw
      見た目、程度が良いのに何故か激安で衝動買いしました。
      が、ミラーが戻らない故障があるのがわかりまして、
      無償で直って戻ってきたんですが、そのまま防湿庫で眠らせておりました(笑)
      で、正直このカメラ、質感は普通です。
      ツアイスイコンとかと比べちゃイケマセンね(^_^;)
      せっかくCONTAXの機械式カメラなんだからもっとしっかり作り込みしてもらいたかったなぁ。

      ちなみに自分はコレクターじゃありません。
      カメラは使い倒してナンボかと思っているので、
      機材はどんどん使ってるし、使わないのは売り飛ばしているか、信頼できる人に譲ってます☆
      まぁ、ローテーションに中々はいらないのもありますけどw
      それゆえ、無駄に高いメーカーや能書きの多い機種には手を出してませんね^^

  4. hiros より:

    遅くなりました。m(__)m 昨晩は苫小牧泊で、今朝は夜明け前から撃ってましたので。

    全数アップとはさすがです!途中で一度すれ違った際に、かなり満足げなお顔をされていたままの秀作揃いですものね。
    使用機材は普通(笑)なれど、作品はやっぱりの本部長仕様です。間違いなし!
    お忙しいとは思いますが、いろいろとアップをお待ちしております。m(__)m

    • 本部長 より:

      hirosさん、土曜日はお疲れさまでした。
      苫小牧泊ということは海関係とか湖関係のネタを仕込まれたのでしょうか^^
      夜明け前といえば一発勝負の鳥ですね◎

      今回は久々ってのもあったのですが、本当に一枚一枚、気持ちを込めることができて、
      出来不出来にかかわらず、どれも大切なショットに思えるんですよ^^
      いっつもそのように写すことができればと思っております!

      使用機材、普通なのも悪くないなと思いました(笑)
      あまりに普段、特殊な世界に身を沈めているため(爆)、一本勝負くらいは普通にやりたいと思うようになりましたw
      もう、自分は日の丸構図はじめ、正面突破的な写真を今後も追究したいと思ってます(*^^)v
      斜めなのがあったらそれは水平が狂っているかと(^^ゞ

      いろいろアップ、頑張ります(苦笑)
      アップよりも一気に写している在庫のヤマの下敷きではあるんですが(^_^;)

  5. hkotsw より:

    土曜日はご一緒させて頂きありがとうございました。
    どの写真もふだんの小樽という印象ばかりで、ただただ感動してしまいました☆
    マイセレクトの四十クリーニングはくたびれた風車がアクセントになって涙が出そうな異次元空間でした。
    いずれ変わり行くこの景色をちんと写真に撮って行きたいのですが、まだまだ技量不足なので本部長さんにお願い申し上げます!
    2・8・14・18・23・26も好きな写真です。
    色々と勉強させて頂き、ありがとうございました。

    • 本部長 より:

      hkさん、土曜日はお疲れさまでした。
      あるがままの小樽なのですが、そこは自分の視点でデフォルメはされております(^^ゞ
      やはり、知らない街を写すよりもかえって先入観やバイアスが邪魔して、、
      住んでいる街の切り取りはフィルターが掛かってしまうと思ってます。
      そのフィルターを外して、サラな状態でみつめられるかが大事だと思いました。
      それゆえ、今回はシナリオのようなものは全く考えず、一応あの辺行ってみようかと思う程度にして、
      状況をみながら地道に歩きながらその都度考えて写してゆきました。
      どうやらそのスタンスが自分の住んでる街を写すには良いんじゃないかと思いましたね◎

      四十クリーニング、仰る通り、風車にピントを合わせております!
      此処は距離感がシビアでしたね。
      もっと寄って風車をアップにするのも考えましたが背景が切れてしまいます。
      背景の家が昔の友達と遊んだ空間に酷似しているので、それを演出してみたかったんですよ。

      > 2・8・14・18・23・26も好きな写真です。
      なるほど、記録的な写真ですね。
      こういうのはあまり得意とするところではないんですが、意識すると写せます。
      別な機会に小樽の街を記録的に写すのも時間が許す限りやっておきたいと思ってますよ!

  6. のんのん より:

    とっても見ごたえがあってどの写真も素敵です~ (*゚ー゚)

    木造の家はどれも懐かしさで胸キュン。 #9のコンコンさんはなにか猫顔?でかわいいし、赤がいい色です。
    #26の町並みが小樽の風景でほっこり。 #32イケメンポストは子供のころにこうやって間近で見た記憶が懐かしい。
    #34のガレージは几帳面な道具の片付き方、きっといい仕事のできる職人さんなのでしょうね。
    #35瀟洒な洋館は素敵ですね~。巨匠のお知り合いのお宅・・ということは個人のお宅、現役なのですか?すごい!
    #36このパグ犬のようなころっとした形と表情がなごみます。

    なんだかまとめて書けなくてすみません。m(_ _)m  楽しく拝見させていただきました。

    • 本部長 より:

      のんのんさん、ありがとうございます^^
      木造の家、維持するのが段々たいへんになっていると思うのですが、
      この風景がまだまだ残っていてほしいと、願ってしまいます。

      #9のお稲荷さんは昔から存在感があって、子供の頃から威厳を感じていたのですが、
      まさか今自分がこうして写真を撮っているとは想像もつきません(^^ゞ

      #26、この辺は中学校の近くで当時から更地が増えているので、
      一時期はマンションの敷地を確保しようとしていたのかもしれません。
      今、景気悪いのでそれどころではないのでしょう。
      個人的にはこのままであってほしいです。

      小樽は古いポストが道内で一番多い街で、これを維持しているのが素晴らしいと思っております。
      増えることこそないけど、何年も減ったり撤去されたりしていないはずです!

      ガレージ、普段は撮らない被写体ですが、いい仕事していそうな気持ち良さを感じました◎

      この洋館は坂牛邸といって、某有名な建築家の作なんですよ!
      コチラをご覧ください!
      http://otaru-journal.com/2009/02/0214-3.php
      今は空き家というか、歴建として保存されてます◎

      神社の狛犬は必ずといっていいほど写してしまいます。
      土地土地によって表情がそれぞれあって面白いですよ^^

      > なんだかまとめて書けなくてすみません。m(_ _)m  楽しく拝見させていただきました。
      これだけ一気にUPしたら見るのもたいへんでしょう(^_^;)

  7. tam_69 より:

    もう、何と言ってよいやら・・・
    9歳まで住ノ江に住んでおりました。
    1~4枚の写真のすぐ近く・・・。もっと言っちゃうと2枚目の写真の左側に昔は小さな路地がありまして、そこの長屋にすんでおりました。
    今でも、小樽に立ち寄ると、2枚目の写真の所に立ち寄ってしまいます。
    そうして、今はない路地に向かい30年以上前の幼少時代に思いをはせます。
    本部長さんの今回のフィルム一本勝負はあまりにも自分の記憶の断片に重なるところが多く、自然に目頭が。。。最近涙腺弱くて(笑)
    ガード下横のお稲荷さん、幼少のころは暗くなると怖くて遠回りしたものです。
    亀十パンから近いですよね。今は改装されて綺麗なお店構えになってました。
    実は本部長さんの事を知ったのは~◎ さよなら 「こどもの国」 ≪総集編≫~を拝見したころからです。
    最終日は兄夫婦と共に子供を連れて訪れました。
    あの頃の小樽を切り取ってくれる本部長さんのブログ、いつも楽しみに拝見させていただいてます!
    これからもがんばってくださいね!

    • 本部長 より:

      tam_69さん、コメントレスが遅れてしまってたいへん申し訳ございませんでした<m(_ _)m>
      年度末でバタバタしながらもわずかな時間を工面して撮影にまわしておりました(^_^;)

      住ノ江にお住みだったんですね!
      あの辺の路地裏、往時はもっと凄かったんだろうと容易に想像できます。
      自分的には釣りが趣味な少年だったもので、あの近くのN釣具店とかによく行っていたのが住ノ江との接点でしたね^^
      あとは毛利衛さんの親戚のS君というのがあの辺に住んでおりましたね。
      少年時代の自分の目で見てもあの一帯はやはり住ノ江以外の何物でもなく、独特の風情を感じてましたよ!
      ガード下のお稲荷さんは確かに子供的には恐怖だったかもしれませんよね。
      当時は「あなたの知らない世界」とか、あの手の心霊モノがブームでそういう雰囲気を煽っておりましたから。
      ホント、よくない情報操作でしたよ、あの頃w

      さよなら 「こどもの国」 ≪総集編≫、ご覧いただきまして、ありがとうございます。
      あの頃はまだ今のような写真を撮れず、超広角や魚眼で像を歪めてしまったことに後悔しております(^_^;)
      最終日、自分は中国に出張に行っていて、本当に悔やんでも悔やみきれない思いが今でもというか、益々強くなっております(;´ρ`)
      いやぁ、ホント腹立たしい全国蒲鉾組合(爆)
      どんなに小樽市が財政難でもこどもの国は守るべきしたね。
      観光の拠点になったと確信しております!
      いろんな意味で許せない小樽市の失政...クソー!

      ちと、熱くなってしまいましたが、今後も頑張ってやらかして参ります~☆

  8. ainosato より:

    すっかり出遅れてすみません。
    全部出し これが一本勝負本来のアップの仕方ですね。やられました。
    気合たっぷりで「本花」に次ぐ「本入」ですか?

    17番のあの狭い立ち位置での奇跡的な被りなしの写真は笑いましたね。
    この楽しみがあるからやめられません。

    • 本部長 より:

      ainosatoさん、レスが遅れてしまってゴメンナサイ<m(_ _)m>

      全部出しなんてやってるから更新が進まないってのもあるんですが(爆)、
      改めて全部見れるのも嬉しいと思っております。
      何よりも自分自身で過去勝負を何度も確認できるのも良いかと◎

      今回は何とか集中力を持続できましたね。
      正直36枚撮りは自分には多過ぎて辛いのですが、時間ギリギリつかって(ちょっと遅刻で)何とかしました。
      で、調子悪いというか、言い訳の多い時は、相当自分疲れているときなんですよ(^^ゞ
      まぁ、そういうところは伏せておきたいのであまり疲れた疲れた言わないようにはしてるんですけどね。
      今回も体調は万全ではなかったんですが、睡眠時間がいつもより多く摂れたのが良かったと思ってます^^

      17番は真面目に驚きました!
      被ってもしょうがないと思ってましたし、絶対に同じになるだろうと予測しておりました。
      それが全然違うんだから面白過ぎです^^
      今回はいろいろと充実した収穫の多い勝負であったのは間違いないですよ◎

Leave a Reply to ainosato