富岡カトリック教会の雪あかり 2010

 道東編と雪あかり、交互に参ります^^

 今年の「小樽雪あかりの路」、来場者数を何とか50万人台に復帰させ、

 前半のさっぽろ雪まつりとの日程被った人員流出と悪天候による損失を後半で補填した格好となりました!

 某会場などは微妙だったとの情報も耳に入って来てはいたけど、

 そんなに会場に固執してちゃあイケマセンって(^_^;)

 雪あかりの路の良さは街なかや路地裏、そして住民の手による地域コミュニティにあるんですから☆

 それでも毎年、運河は綺麗なんで見入ってます~◎

 そして手宮線に人間ドラマありです!(後日UPします^^)

 で、住民の手による地域コミュニティということで、我が町内は昨年から公式会場として登録してるんです^^

 「富岡インターロッキングアベニュー」、最終日、蒲鉾の差し入れ&微力ながらのお手伝いに向かいます(^^ゞ

 ちなみに総監督に大先生、そして向いのオヤジ様が下手な有名会場をも凌駕する勢いで美しい“作品”に仕上げました!

 (その辺の模様は後日UP予定...大汗)

 

 閑話休題...手伝いの帰り路、近所の富岡カトリック教会の雪あかりにちょっとだけ寄り道です^^

 カトリックというだけあって厳かな雰囲気が漂います...最終2日間だけのともしびに心洗わることでしょう☆

 此処はどうしても中判(67)のリバーサルフイルムで写したかったものでして念願を叶わせました(笑)

 富岡カトリック教会の雪あかり 2010 ①

 何とかブルーモーメントのうちにやらかせた! 小樽ブルー、美しき蒼☆

 ホント、立派な教会だよね◎

富岡カトリック教会の雪あかり 2010 ②

 

 マリア様...迷える仔羊のアタシに...いや、オイラは神道とか葬式仏教なもので...お許しを~

富岡カトリック教会の雪あかり 2010 ③

 

 教会の中から厳かに讃美歌が聞こえてくる...なんて美しい光景だろうか...と思いつつ中へ入ると...

 讃美歌は聖歌隊が歌っているのではなくテープなんだけど、

 如何にもそれらしく聞こえるのはこの場の持つ重厚さや静謐さの為せる業だと思う!

 そして部屋の中では信者さんたちがカレーライスやおしるこを振舞っていて、

 何ともアットホームな雰囲気が漂っていた!

 そのフレンドリーな感じは此処がカトリック教会というのを忘れさせてくれるくらいで、

 心の荒んだ人間が来たら涙を流して感謝するんじゃないだろうか、と思ったほどだ☆

 そして、2階の礼拝堂へと...

富岡カトリック教会の雪あかり 2010 ④

 さすがに此処は神聖な場所だというのはお馬鹿なアタシでも容易に理解できる!

 いやぁ、本当に素晴らしい教会だわ~

富岡カトリック教会の雪あかり 2010 ⑤

 

 で、この礼拝堂にて、拙ブログのファンの方(ご夫婦)とバッタリ出会う!

 いやぁ、お恥ずかしい、こんなアタシのお写真でもいつの間にファンがいらっしゃるとは~感謝です~^^

 いやぁ、撮影に思わず力入りますよ~

富岡カトリック教会の雪あかり 2010 ⑥

 アーメン

TomiokaCatholic007

 PENTAX 67II + smc PENTAX67 105mm F2.4 , smc PENTAX67 45mm F4

 Kodak EKTACHROME E100VS

 撮影:2010年2月14日

 (画像をクリックすると拡大してご覧いただけます!)

 

 帰り際、教会のかたに「もっとゆっくりしていきなよ! ビールあるから飲んでいきなよ!」と声を掛けられた。

 もう涙が出るくらい嬉しかったなぁ...でも会社に戻らないとイケナイんで~...涙をのんで帰路についた☆

8 Comments

  1. ariari より:

    お疲れさまです☆
    雪あかりの路はいいイベントですし、今年も楽しみでした。
    その良さとしての住宅地とか色々な細かい場所は観光客(ぼくも含めてですが)には今ひとつ場所もわかりませーん。
    なので、そういうのもっとガイドブックとか現地の案内で教えて欲しいと思いました。
    今回は教室の生徒さんみんなに宣伝しちゃって、多数の方が行って撮って来ましたが、ちょっといくつか文句を頂きましたw
    それは、ここでは書きませんが後ほど問題提起として(爆)お届けしますね。これ、お客さんの生の声です。

    • 本部長 より:

      ariariさん、冬のイベントもすっかり終わって、もうすぐそこに春ですね(^^ゞ
      細かい場所、実はアタシもよくわかっていなかったりします(爆)
      とりあえず行ってみて出たとこ勝負です(笑)
      ガイドブックなのですが、予算の関係もあって、要するにおカネがない訳でして、
      詳細な案内は駐車場情報含め、難しいところです。
      (使い勝手よりも資金提供者に有益にしなくてはならんのです)
      その意味で観光ガイドMAPの写真やB級グルメ、銭湯読み物などは掟破りでありました^^
      まぁ、そもそもはお金を掛けずに手作り感を謳っていたところに、
      急に人が集まるということでビジネス的な人間がどっと押し寄せたところに難しさが出てきたかと思っております。
      で、自分はそんなのとは無関係な人目につかないところをコツコツと拾っているわけであります。
      それゆえ、意地でも人を集めようとしている某会場などは?マークなところもあったりするんですよ(^^ゞ
      問題提起はもっといろいろとあると思いますが、是非お聞かせください!
      その辺はクールに客観的にモノを見ておりまして、
      開催者側にいながらもっとも危ない意見をいうのが自分のキャラでもあります(苦笑)

      なおさら富岡教会が孤高な存在に感じております☆

  2. kimoto より:

    こんばんは。
    富岡教会では、お忙しいところ、相手をしてもらいまして、感謝感謝です。
    67、炸裂してますね。
    おなじ場所を撮ったはずなのに_| ̄|〇
    精細度、階調とも段違いだ。
    礼拝堂の天井の模様まできれいに出てて驚きました。

    あのあと、甘酒をごちそうになり、カレーをごちそうになり、
    車だったのでさすがにビールは遠慮したけど、
    自分みたいな穢れた人間が、こんないたれりつくせりのふるまいをしてもらって
    いいのかなあと、ほんと、ありがたくも恐縮で(^^;

    ロッキングアベニューも雰囲気最高でした。
    マンハッタン、かっこよかったですよ。

    • 本部長 より:

      kimotoさん、先日はこちらこそありがとうございました。
      たいへん励みになるとともにプレッシャーでございます^^
      ちょいと時間に追われていてすみませんでした。
      もっとゆっくりお話がしたかったです!

      > おなじ場所を撮ったはずなのに_| ̄|〇
      いえいえ、機材に頼りっぱなしなだけですよ(^^ゞ

      帰り際、kimotoさんたちが御馳走になっている様子を垣間見、なんだか嬉しく温かい気持ちになりました◎
      本当に素晴らしい場所だと改めて感じましたね!
      もっとも観光客がどっと押し寄せる場所ではないので、
      今後もしみじみと観賞できる場所であってほしいと願っております☆

      我が町内も気合い入れてまして、年々磨かれてきております。
      やはり住民の手作りと住みよい街にしていくんだ!という気心が大切だと再認識しましたね!

  3. beni より:

    やはり富岡教会は美しい。4枚目の雰囲気がとくに好きです。
    これだけいつもの本部長さんが撮る描写とちょっと違うかも?物凄く雰囲気が出てます!
    これだけの繊細な画質を保持しながら、デジタルとは全然違う立体感。さすがの67~♪
    大切な写真はフイルムにかぎりますね。記録としても素晴らしい作品だなあと思います。
    万が一パソコンのデータ飛んでも怖くないですね。フイルムがあるかぎり。

    あ~~某会場。せっかく一昨年と昨年で見に来る人増えたのになぁ~~来年減るなぁ~w
    今年はあちらのお国の景気も良くなって旅行客が増えてよかったですね!
    すんごい人が訪れていたようで。行けなかったのが残念すぐるー。
    運河撮ってたうちの友達が「そこどけろ!」とか文句言われたそうで、
    他のおじさんには言わず、女だけに文句言ってたそうです。悲しい男がいたもんです(笑)
    こういう輩がきっと、生えてる木を写真撮るために折ったり、電線埋めたりするんだろうなぁ~

    雪あかり、SL、次は何かしらー!(SLまだ見てないけどw)
    神業雪あかりの匠も早くみたいです~。早寝早起きで更新頑張って下さい!「

    • 本部長 より:

      beniさん、富岡教会は外せません^^
      それでいて難易度高いというか、思い通りに切り取れないところでもあります(苦笑)

      4枚目、鋭い!
      これはbeniさんのマネ(オマージュ?)です。
      微妙に斜めにしていないところは自分流ですが(笑)、
      焦点を真ん中からオフセットし近接寄りにして、アウトフォーカスの世界を広げてみました☆

      解像度というのは個人的には必要なものでして^^、その点で67は条件を満たしております◎
      デジの場合、例えば何千万画素とかのスペックの問題じゃなくって、
      紅葉の葉っぱがちゃんと写るかとか桜の花びらが一枚一枚写ってくれるかということが大事で、
      変な話、2000万画素級でも写っていない画像を良く見かけるし、1000万画素でもちゃんと像を結んでいたりします。
      この辺はバランスとかその他ミラーショックのブレとかで写る写らないがあったりするようで(爆)
      まぁ、話が変な方向にいくのでこの話はオシマイです(^^ゞ

      で、フイルムがデジと一番違うなぁと思うのが、「ツヤ」ですね!
      この「ツヤ」が立体感や情感、ライブ感に繋がっているようで、
      なぜかデジタルだとこの「ツヤ」がなかなか出てくれないんですよね^^

      フイルム、特にポジはそれ自体で「写真」として完結しているので、
      さらにプリントしたりデータ化すれば無敵ですね。
      フイルム自体もポジはネガの3倍丈夫で長持ちするそうです...生きているうちは大丈夫です(笑)
      デジも外付けHDD3台に分けて、新しいHDDを購入するたびに移しているので、まぁ、大丈夫です(苦笑)
      フイルム自体も種類は限られるでしょうが、完全になくなることはないでしょうね(楽観)
      LPレコードでさえまだ作っているぐらいですから◎

      某会場、自分的には思い入れがあったわけではないので、いんですが、噂を聞きつけて来た人にはNGでしょう。
      まぁ、ちょっとやり過ぎだった部分もあるでしょうから(謎)

      悲しい男はどこにでも出てきますね(爆)
      自分なら逆に女子なら「どうぞ!どうぞ!」って感じで逆に怪しまれるかw
      ついでにモデルになってもらいたいくらいだ(爆)

      > 雪あかり、SL、次は何かしらー!(SLまだ見てないけどw)
      一応順番を守りながらも羽毛クラスもお待ちくださいませ^^

      > 神業雪あかりの匠も早くみたいです~。早寝早起きで更新頑張って下さい!
      あぁ、それを凄くUPしたいんですが、もう少々お待ちを(^_^;)
      きっと本人も首を長くして待っているはずですから<m(_ _)m>

  4. tam_69 より:

    こんにちは!また来てみました~!
    富岡カトリック教会の写真ですね!懐かしいですっ!
    幼少の頃良く通りました。
    しかしながら、実は中に入ったことはなく、今回の写真で初めて中を見ることが出来感激です!
    とても荘厳、幻想的な写真になってますね♪
    そういえば、先日小樽に行きパンロール食べてみました!非常に美味しかったです~!
    あ、ここで触れることではなかったでしょうか?すいません^^;

    • 本部長 より:

      tam_69さん、富岡教会、幼少の頃よく通っていたとはお近くにお住みでしたでしょうか。
      もしかしてF幼稚園でしたかね^^

      たしかに何かの機会がないと教会の中って普通入らないですよね。
      此処は名所でもあるので比較的中には入りやすい方だと思います。
      カトリックというお堅いイメージとは別に実に心地よい空間でもありました。
      写真は中判の画角を生かしてちょっと脚色してますが、もっと普通な感じですよ。
      パンロールありがとうございます。
      いえいえ、その話題も是非是非です◎
      たまに製品について、つぶやいたりもします...レアな情報とか(笑)

Leave a Reply to ariari