Search

路地裏寫眞館 ~人の行く裏に道あり花の山~

銀塩写真による街撮りをメインに(するはずが)最新鋭デジタル機材もつかまされたり(爆)ただただ愛しきものを探して彷徨い歩く小樽人の備忘録

羽幌炭鉱の仔ギツネ

2015年7月25日撮影

※ 画像を選択してから全画面表示にするとフルスクリーンのままスライド出来ます!

周辺をクリックすればEscキー押さなくても解除できます!!

 

羽幌の花火を撮影する前に築別炭鉱~羽幌本坑を3年ぶりに訪れた。この3年間の月日は残された産業遺産へ大きなダメージを与えていた。3年前は痛みながらも何とか形を保っていた遺構が崩れ落ちていたものもあった。夏草が生い茂る中には入って行きたくないし、羆と出会うのも避けたいので、いずれ真冬にスノーシューを履いてトレッキングして、以前と比べてどれほどの状態になっているかはレポートしたいと考えている。

さて、羽幌本坑の坑口を過ぎたところで、道路の真ん中に茶色い塊が転がっているのが見えた! 慌ててブレーキを踏むと、それは仔ギツネだった! さすがにこの辺は人里離れた荒廃した場所なので車の往来はほどんどないとはいえ、まったくないわけではないので、事故死する可能性はある。まさか愚かな輩が餌付けしてたら論外ではあるが、人間が恐ろしいイキモノであることを知らしめなければならないと思った。400mmズームをテレ端にしながら接近し、写しながらも最後には「ゴルァ!」と怒鳴りつけて脅して茂みに逃げるよう追いかけたww リアルで「ゴルァ!」と叫ぶところは決して人に見られたくないものだ(爆) 仔ギツネの姿が見えなくなるのを確認してから車に火を入れて立ち去った…..

 

Comments are closed.

旧ブログ(aqua)はこちら!
旧々ブログ(小樽ではたらく本部長)はこちら!
© 2017 路地裏寫眞館 ~人の行く裏に道あり花の山~ . All Rights Reserved.