Search

路地裏寫眞館 ~人の行く裏に道あり花の山~

銀塩写真による街撮りをメインに(するはずが)最新鋭デジタル機材もつかまされたり(爆)ただただ愛しきものを探して彷徨い歩く小樽人の備忘録

三笠の杜のエゾフクロウ(D4s編)

毎年此処のフクロウのヒナを写すのが恒例であります。昨年までは小さいセンサー(4/3やAPS-C)に純正の長玉のほか、天体望遠鏡BORGなどをつかい、C社やN社のフラグシップと闘ってきましたが、とうとう自分もニコンのフルサイズをつかうようになってしまい、感慨深いものがあります(^_^;)  さすがにゴーヨンやロクヨンといったバズーカは未だ入手しておりませんが、最近評判のSIGMAの超望遠ズームで勝負せざるを得ませんww  昔はSIGMAのズームというだけで言い訳や何らかのエクスキューズがつきましたが、使ってみて思ったのは開放が暗いだけで、昔のSIGMAとはまったくの別物だなというのが、第一印象です!!  正直、4/3の究極のサンニッパよりも良く写ってるんじゃないか!松玉っていったい何のなのよ!!という、妙に怒りマークが頭をよぎる写りに驚愕でした(*_*;  それだけセンサーが凄いという言い方も出来るかもしれません。玉がアレでもセンサーが百難隠すといったところでしょうか。まぁ、それにしても此処のフクロウの撮影は癒やされるんですよねぇ(●^o^●)

2015年6月10日撮影(トリミング有り)

 

※画像を選択してから全画面表示にしてネ^^☆(フルスクリーンのままスライド出来ます!!)

 

 

Comments are closed.

旧ブログ(aqua)はこちら!
旧々ブログ(小樽ではたらく本部長)はこちら!
© 2018 路地裏寫眞館 ~人の行く裏に道あり花の山~ . All Rights Reserved.